FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年4月以降の開催スケジュールをホームページに掲載しました。

流産や死産、新生児死亡などでお子さんを亡くされた方をサポートする活動をしている、聖路加国際大学「天使の保護者ルカの会」では、2018年4月以降の開催スケジュールをホームページに掲載しました。

2018年4月~2019年3月の間にお話会を8回(うち人工死産の会3回)、手作りの会を2回予定しています。詳細はホームページ「スケジュール」のページをご覧下さい。なお、予定は都合のにより変更となる場合があります。変更がある場合は、ホームページなどでお知らせいたします。

2018年4月から、開催場所は聖路加国際大学2号館 1階 ポルカルームに変更となります。開催場所の詳細はホームページ「開催場所」のページをご覧下さい。

また、お話会の参加費について、初回参加の方はお一人1,000円とさせていただいています。2回目以降参加の方は引き続き500円です。ご理解いただきますよう、お願いいたします。

3月の(天使の保護者ルカの会)お話し会のお知らせ

こんにちは、ルカの会スタッフです。

2月は、ルカの会はお休みです。

3月のルカの会は、午前と午後の開催です。

午前は、人工死産を体験された方対象のお話し会

午後は、通常お話し会(対象を特定しないお話し会)

としての開催です。

お申込み等詳しくは、

ルカの会のHP ↓ でご覧くださいね。

http://tenshi-rukanokai.jpn.org/

赤ちゃんを亡くした時の喪中はがき(セレモニーカード)

11月の半ば過ぎは、喪中はがきの準備が始まりますね。
ルカの会では、13年まえに、赤ちゃんを亡くした方のためのセレモニーカード(喪中はがき)を
体験者とともに作りました。
赤ちゃんのこと、周囲の人に伝えたい気持ちの詰まったはがきたち(4種)です。

この画像や文言は、聖路加国際大学のHPから
ダウンロードできます。
http://plaza.umin.ac.jp/artemis/rcdnp/tenshi/ceremoneycard.htm

ほんとうは、
はがきを出すことすらつらいという方がいます。
人の死なのだから、喪中はがきを作りたいという人もいます。
このことは、お父さんとお母さんが、決めてくださればいいこと
その選択は、ご家族ごとに違っています。

もし、作りたいと思ったとき、
ご参考にしていただけたら、と思います。

ルカの会スタッフ I

セレモニーカード サンプル 部分

2017エンジェルキルト(手作りの会)のポスターができました

11月25日開催のエンジェルキルトの今年のポスターができました。
ことしは、ぎゅと抱きしめるクッションと、ニギニギ人形です。
どちらも、初心者にも作りやすい作品です。色や柄が選べます。
秋の一日、手作りしながら赤ちゃんのことを考えてみませんか
エンジェルキルト2017-2

10月のお話会の参加申し込みを受け付けています。

天使の保護者ルカの会では、流産や死産、新生児死亡などを体験された方、そのご家族の方を対象としたお話会の参加者を募集しています。

当日は、少人数のグループに分かれて、静かな雰囲気の中で、体験者同士でありのままのお気持ちを、語っていただけます。お話会の進行は、同じ体験者や助産師、カウンセラーなどのスタッフがさせていただきます。
詳細は以下のとおりです。
日にち:平成29年10月21日(土)
時間:13:30~16:00
場所:東京都中央区築地3-6 大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター1階
(最寄り駅:日比谷線築地駅または有楽町線新富町駅)
※臨時に場所を聖路加国際大学内の別の場所に変更することがあります。その場合は、お申し込みいただいた方に別途ご連絡します。
参加費:1人500円(茶菓子代として)
参加方法:ルカの会ホームページの「お話会のお約束」のページをご覧いただき、tenshi_rukanokai@slcn.ac.jpにメールにてお申し込み下さい。なお、「@slcn.ac.jp」からのメールが届くように設定をお願いいたします(時々戻ってきてしまいます。)。お申し込みから7日経っても返事がない場合は、大変お手数ですが再度メールをお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。